「長期優良住宅」は長持ち住宅!

長期優良住宅は、性能強化のため総建築費は、標準的な住宅に比べ100万円ほど高くなります。設計・申請費用、基礎、構造材、高断熱性サッシや給排水設備などがコストアップの要因です。しかし、そのコストアップ分を上回るメリットがあるのでが長期優良住宅です。

長期優良住宅は、補助金や税金の優遇が受けられ、省エネ性能が強化されるので月々の光熱費も減らすことができるので、結果一般的な住宅に比べ総支払額が軽減されます。

長期優良住宅を建てる時に必要な条件があります。

長期優良住宅を建てる時に必要な条件があります。

  • ●劣化対策

    数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

  • ●耐震性

    極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。

  • ●維持管理・更新の容易性

    構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

  • ●可変性

    居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。

  • ●バリアフリー性

    将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

  • ●省エネルギー性

    必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

  • ●居住環境

    良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。

  • ●住戸面積

    良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

  • ●維持保全計画

    建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

税制の優遇措置比較

税制の優遇措置比較①

シミュレーション

税制の優遇措置比較②

住宅の省エネ効果で月々の負担も減らせます!